女性と付き合う為に男性が気を付ける事5選

LOVE

女性の私がよく話に出るエピソードを基にお付き合いするために女性は男性のココを見ている!というポイントをご紹介したいと思います。

1.女性は「口だけの男性」は論外

これは色々諸説があるのですが、分かりやすい事を言うと、「今度デートしようね」と口約束をしますよね。それからすぐ次のデートの連絡していないという事はないでしょうか?

せっかく女性といい感じになれたのに、タイミングがずれて次のデート先が伸びて伸びて…結局デートしたら、全くお互い気持ちが乗らなかった。というのもあると思います。

男性陣は特に仕事が忙しかったり、取引先と飲み会であったり、仕事を優先してしまいがちな事もあります。

大前提に女性は分かっています。分かっているからこそ、そこは男性陣を立ててあまりこちらから連絡をしないのです。そう、相手を立てて待っているのですね。

ですので、きちんと口約束をしたのであれば、次の日程やLINEなどの連絡をするのは比較的男性からした方が、女性は心を開きだします。忙しい中誠実さが見えるからです。

女性は男性の「行動」を見ています。気持ちがあれば「行動」に移すことも知っているからです。

でも男性陣も忙しくて連絡ができないときや、お互いの日程などがうまく調節できない事ももちろんあると思います。

デート当日に「忙しかったから、中々連絡取れなかった、ごめんね」という言葉をもらうよりはデートが中々予定がつかない時、LINEか電話でマメに相手に伝えた方がよっぽど誠実です。

「あ~気にしてくれていたんだな」「優しいな」って女性には伝わります。

「仕事頑張ってね♡」と思いやりいっぱいのLINEが届くはずです。

その子の事がいいな~と感じたら、まずはこまめに連絡とるのはアリです!

「口だけの男」にならないように、男性の方は行動をしてくださいね。

2.「オレオレ」タイプが苦手。

「俺がね~」いや「俺は~」とか常に自分の話ばかりする人。

話しすぎが良くないというのではなくて、「女性は黙ってオレの話を聞いてついてこい!」という昭和みたいな人は、現代の女性にはモテません。

男らしくて素敵な姿勢なのですが相手の女性の気持ちやお話を聞かず、自分の仕事のグチとか自分の話ばかりする男性は気を付けましょう。

現代の女性は、仕事をしながら、自分の時間を大切にしたりプライベートも充実している人が多いのでお互いが仕事の話が出来たり、ふざけたばか話が出来たり、一緒にライフスタイルが楽しめるような人を好みます。

そういうところを踏まえて女性と会話していただければと思います。

3.初っ端から、元カノの話をするのはNG

こちらの話はけっこう女性では盛り上がることが多いです。

二回目のデート時やお互いの事を知ろうと思った時、わざわざ「元カノ」の話をする男性がいます。

「俺の元カノはこういう奴で最悪だったから、次はこういう人と付き合いたいんだ」

「俺の元カノ元モデルでさ~でも性格が悪くて、めっちゃ最悪やった」

・・・・だから何?と女性は思いますし、けっこう引きます。

自分の情報として、以前付き合っていたことをただ伝えようとしただけなのかもしれませんが元カノをこうだった、ああだったとか言われて、それがたとえ傷ついたり最悪な話でもあまりいい気分はしません。

何故なら「今」その話をするという事は女性からすると「まだ引きずっているのかな?」とか

「私とのデートでこの話をするって事は一体何が言いたいんだろう・・」と

せっかくの二人の時間なのに、関係性があった元カノ話をされてもいい気分は全くしません。

過去の話をするのではなく、今目の前の好きな女性との時間を大切にしましょう。

目の前の好きな女性のいい所や、今の色々な話題を出したりして、会話を弾ませた方が楽しい時間を過ごせますよ。

今日のデートを楽しいものにするために会話を弾ませた方が次に繋がります!

4.結婚を意識した発言を初対面ですることは×

女性も結婚を意識している人はもちろん多いです。

素敵な人も含め、出逢いを求めている方もいます。それは男性の方も一緒ですよね。

特に婚活などで聞く話ですが、その際、その人の事や色々な話をまだしていないのに「料理とかできる?」「自炊とかどれくらのペースでしているの?」「洗濯得意?」など真っ先に聞く男性がいます。結婚してからの相手の家庭での生活を聞くのはかなり分かります。

ひどい人は「今まで何か病気したことある?」とか聞く人もいるくらいです。

女性はそういう質問をされると少し警戒してしまいます。どんなに性格がいい人でもです。

結婚してから、かなり強いられるのではないか?と無意識に感じてしまうからです。

料理は普通にできて、洗濯も普通にできる人もいれば、家事は得意ではない人もいますね。

家事全般が得意か得意じゃないかは、それは「今」答えを出すことではありません。

これから家庭を作るのにあたって、家事は出来るようになるものなのに、今それを聞いてしまうと女性側は、完璧を求められているみたいで距離を置きたくなります。特に精いっぱい仕事で忙しくて出来てないと感じる人は「え?」と感じるでしょう。そんな現代女性の方が多いです。

結婚をしたいという気持ちは、婚活に来ている時点で十分に伝わっているので、あえて聞かない方がいいかもしれません。男性陣も一緒のように、人それぞれライフスタイルは全く違います。

家事得意という人もいますし普通にできる人いるし、できない人もいる。それを分かっているか分かっていないかで、女性の心の開き方は違ってくるので、結婚を考えている方はその人の「人間性」や「価値観」を見ましょう。

5.最後は、相手と自分を十分に認めて楽しく過ごす事を意識する!

これは、女性は皆さん言いますが、「相手が楽しそうだったら、私たちも嬉しい!」と言っていました。

女性は、「基本的に楽しく笑って過ごそう!」という配慮が常にあります。いい緊張感ももちろん大事なのですが皆楽しいことが大好き。

男性陣は女性にどうモテようとか、あまり考えなくてよくて「相手も自分も楽しく過ごせるようにしよう!」という意識が大事なんだと思います。

それは相手に伝わりますし、これから先一緒に過ごせるかどうかも見極めるポイントでもありますからね。

男性陣がせっかく楽しくしようとして盛り上げてくれているのに、女性の方が高飛車な態度であれば、それは女性の方が問題ありますが・・

楽しく過ごそう!という気持ちでデートやご飯会に出向くと雰囲気が変わりますよ!

相手ともそういう気持ちで話してくださいね。

最後に・・

女性のリアル意見として書かせていただきましたが、心当たりがある男性もいるのではないでしょうか?

もしかしたら、改めて見て「そうだったんだ」という事もあるかもしれません。

男性と女性は脳の作りがまず違いますので、先入観だけで話すとうまくいかなくなるものです。

楽しく過ごす事を意識していきましょう。女性は素敵で優しく、気立てがよく明るい人ばかりなのでお付き合いを望んでいる男性陣の方はぜひうまくいってほしいな~と思います。

いい出逢いがありますように。